訴訟の手続き

裁判所に訴えて手続きすることを訴訟といいます。訴訟とは、皆さんが裁判をイメージするもので、訴える人と訴えられる人とで争うことになるものです。その間に弁護士や裁判官が入り審議していきます。その他に、調停・仲裁・和解があります。調停というのが、両者が話し合いを通じて解決するものです。仲裁とは、両者とも争わずに済む形といえます。和解とは、両者が話し合いを通して争いを終えることです。もちろん、その後に和解金を支払うことで解決していくことなどもあります。この訴訟の説明を読んでいるあなたは少なからず、不満や悩み事があるはずです。心配事が無くとも、参考にしたい方もいるはずです。今回は、難しい言葉で分かりづらいと思いがちな訴訟の手続きについて説明していきます。

さて、訴訟ですが別の見方をすると1つ目に、人と人の争いで起こる訴訟があります。他人と争う場合もありますし、家族同士で争う場合もあります。金銭面、土地問題、解雇に見られる労働問題、離婚問題、相続問題があげられます。2つ目に、借金が原因でのトラブルがあげられます。3つ目に、決められた内容を行って欲しいという場合や、4つ目に財産や戸籍に関する場合もあります。

また、訴訟の種類として、民事訴訟、刑事訴訟、行政訴訟、憲法訴訟があります。私的な事での訴えが民事訴訟であり上の4つの例は民事訴訟といえます。また、事件が関連していることが刑事訴訟であり、行政での法律に関する訴えが行政訴訟であり、憲法に関する訴えが憲法訴訟になります。