行政・憲法訴訟の手続き

はじめに、行政訴訟の手続きについて説明します。簡単には行政紛争を解決させるための手続きです。そして、日本では大きな問題となって争いが行われております。しかし、手続きでは根本的に民事訴訟と同じように進められていきます。対象が個人対個人か、あるいは国かという問題なだけなのです。代表的なものですとハンセン病訴訟、水俣病、B型肝炎の医療訴訟などがあります。

また、行政訴訟の他にも憲法訴訟もありますので説明します。憲法訴訟法というものは、実際には存在しないものなので、憲法訴訟とは、民事訴訟、刑事訴訟、行政訴訟に分けられます。そこで、憲法の解釈に関して、こうしましょうとか、時代も変わってきたので変化させていきましょうという考えが自然に出てくるものなのです。もちろん、憲法訴訟の手続きも民事・刑事・行政のどれに該当するかで、手続きしていくのです。

最後に、簡素に説明しましたが、裁判の他にも書類上の手続きは様々なのです。このように考えますと、人は少なからず悩みを抱えておりますので、訴訟を起こすことも当然あるのです。夫婦の問題、家族の問題もあるでしょうし、隣人や刑事事件もあるものなのです。世の中を変えたいと考えれば、行政訴訟や憲法訴訟も当然道になるものです。その道をつくるのもあなたなのです。