刑事訴訟の手続き

ここでは、刑事訴訟の手続きについて説明します。まずは、事件が発生します。具体的には、人を殺した、ケガをさせたことがあげられます。もちろん、万引きなどもあります。そこで、事件として受け止め、犯人と思われる人の証拠を集め、検察が犯人と思われる方を呼び捜査を進めます。犯人と思われる人が来ない場合もあります。

また、事件には在宅事件と身柄事件があります。そこで、事件として処理されると取調べや、命令を指し示している書類である令状が出され、本格的に事件として扱う場合には起訴されて裁判が行われ刑に服するかどうかが行われます。しかし、ここで、先述の検察官との捜査で犯人ではないと判断されると不起訴になり訴訟がなくなります。逆に、検察官との捜査で犯人ではないかと判断されると起訴されることになるのです。

それから、訴訟である裁判が行われ、刑になるかどうかの判断を受けるのです。これを執行と言います。懲役〇年、執行猶予〇年などと判断されます。もちろん、裁判が行われるときも、公にして行われる場合や、簡潔に行われる場合、即決で裁判を行う場合があります。判断も、罰金を支払う量産刑や刑務所に入る自由刑や死刑が上げられます。これを読んだだけでも、事件を起こすことは止めて欲しいものです。