行政・憲法訴訟の手続き

はじめに、行政訴訟の手続きについて説明します。簡単には行政紛争を解決させるための手続きです。そして、日本では大きな問題となって争いが行われております。しかし、手続きでは根本的に民事訴訟と同じように進められていきます。対象が個人対個人か、あるいは国かという問題なだけなのです。代表的なものですとハンセン病訴訟、水俣病、B型肝炎の医療訴訟などがあります。

また、行政訴訟の他にも憲法訴訟もありますので説明します。憲法訴訟法というものは、実際には存在しないものなので、憲法訴訟とは、民事訴訟、刑事訴訟、行政訴訟に分けられます。そこで、憲法の解釈に関して、こうしましょうとか、時代も変わってきたので変化させていきましょうという考えが自然に出てくるものなのです。もちろん、憲法訴訟の手続きも民事・刑事・行政のどれに該当するかで、手続きしていくのです。

最後に、簡素に説明しましたが、裁判の他にも書類上の手続きは様々なのです。このように考えますと、人は少なからず悩みを抱えておりますので、訴訟を起こすことも当然あるのです。夫婦の問題、家族の問題もあるでしょうし、隣人や刑事事件もあるものなのです。世の中を変えたいと考えれば、行政訴訟や憲法訴訟も当然道になるものです。その道をつくるのもあなたなのです。

刑事訴訟の手続き

ここでは、刑事訴訟の手続きについて説明します。まずは、事件が発生します。具体的には、人を殺した、ケガをさせたことがあげられます。もちろん、万引きなどもあります。そこで、事件として受け止め、犯人と思われる人の証拠を集め、検察が犯人と思われる方を呼び捜査を進めます。犯人と思われる人が来ない場合もあります。

また、事件には在宅事件と身柄事件があります。そこで、事件として処理されると取調べや、命令を指し示している書類である令状が出され、本格的に事件として扱う場合には起訴されて裁判が行われ刑に服するかどうかが行われます。しかし、ここで、先述の検察官との捜査で犯人ではないと判断されると不起訴になり訴訟がなくなります。逆に、検察官との捜査で犯人ではないかと判断されると起訴されることになるのです。

それから、訴訟である裁判が行われ、刑になるかどうかの判断を受けるのです。これを執行と言います。懲役〇年、執行猶予〇年などと判断されます。もちろん、裁判が行われるときも、公にして行われる場合や、簡潔に行われる場合、即決で裁判を行う場合があります。判断も、罰金を支払う量産刑や刑務所に入る自由刑や死刑が上げられます。これを読んだだけでも、事件を起こすことは止めて欲しいものです。

民事訴訟の手続き

ここでは、民事訴訟の手続きについて説明します。まずは、問題が発生します。具体的には、他人との金銭トラブルや土地問題があげられます。そこで、問題が起こっていることを示す書類を提出します。これを訴状といいます。訴状を提出するのは裁判所になります。はじめは、地方裁判所に提出します。そこで、実際に聞き取りがありますので、口頭弁論の指定や呼び出しがあります。

次に、口頭弁論では、問題が発生していることを伝えた原告が何が問題であるかを答弁したり請求したいことを訴状と共に提出します。さらに、訴えられた人である被告が、原告が抱えている問題に対して、どう考えているか、原告がどう誤解していたか、原告の言っていたことが事実なのかを伝え、答弁書として提出します。

それから、裁判所では問題について整理して証拠を確認していきます。さらに、重点を定め大きな証拠となる点を考慮して詰めていきます。それらを審議して、判決が出されます。判決が出されると、原告と被告の両者の考えが納得するのであれば、そこで終わりとなりますが、話の内容から和解したほうが好ましいのではないかと判断する場合もありますので、両者が検討したりして、さらに証拠を提出することにより深めていきます。

訴訟の手続き

裁判所に訴えて手続きすることを訴訟といいます。訴訟とは、皆さんが裁判をイメージするもので、訴える人と訴えられる人とで争うことになるものです。その間に弁護士や裁判官が入り審議していきます。その他に、調停・仲裁・和解があります。調停というのが、両者が話し合いを通じて解決するものです。仲裁とは、両者とも争わずに済む形といえます。和解とは、両者が話し合いを通して争いを終えることです。もちろん、その後に和解金を支払うことで解決していくことなどもあります。この訴訟の説明を読んでいるあなたは少なからず、不満や悩み事があるはずです。心配事が無くとも、参考にしたい方もいるはずです。今回は、難しい言葉で分かりづらいと思いがちな訴訟の手続きについて説明していきます。

さて、訴訟ですが別の見方をすると1つ目に、人と人の争いで起こる訴訟があります。他人と争う場合もありますし、家族同士で争う場合もあります。金銭面、土地問題、解雇に見られる労働問題、離婚問題、相続問題があげられます。2つ目に、借金が原因でのトラブルがあげられます。3つ目に、決められた内容を行って欲しいという場合や、4つ目に財産や戸籍に関する場合もあります。

また、訴訟の種類として、民事訴訟、刑事訴訟、行政訴訟、憲法訴訟があります。私的な事での訴えが民事訴訟であり上の4つの例は民事訴訟といえます。また、事件が関連していることが刑事訴訟であり、行政での法律に関する訴えが行政訴訟であり、憲法に関する訴えが憲法訴訟になります。